上部枠画像 上部枠画像 上部枠画像 上部枠画像
SiRoP logo トップページへ移動
求人募集!

SiRoP 京王線、上北沢駅前の美容室 

シロップ・サービスページ
image image image image
image

SiRopでは、お客様と共にヘアケアの事を考えていきたいと思っています。

説明と提案として、下記に一部内容を記載させていただきました。その他にも、質問などありましたら丁寧に教えていきたいと考えております。 

シャンプーのやり方

「汚れのみを落とす事」と「頭皮洗浄」

「汚れを落とす」というのは、中の栄養分が流れ出ないように、キューティクルを優しく保護し、日常の生活でついた汚れ、スタイリング剤などを、しっかりと落とすことをいいます。

「頭皮洗浄」とは、これから生えてくる髪が良い状態で生えてくるように、頭皮の余分な皮脂、汚れを、頭皮が乾燥しないように落とすような、優しい洗浄力のことを言います。

 

★お手入れ手順1

シャンプー前にお湯でしっかり洗い流します。
それだけでも一日の汚れの約80%は落ちます。
なので、丁寧にすすいでくださいね

★お手入れ手順2

シャンプーをする時は、髪や地肌をゴシゴシ擦るように洗うのはNGです。

髪のキューティクルや地肌の表面は、濡れいている時とてもデリケートになっていますので、傷つけてしまうと、キューティクルが破損し、パサつきやダメージの原因になってしまいます。

なるべく地肌を優しくマッサージするように洗いましょう。
もし、汚れが気になる時は、泡のまま時間を置くと良いです。

★お手入れ手順3

シャンプー剤はしっかり流してください。
シャンプーは髪の汚れを落とす上でとても大切なものですが、髪を良くするものではありません。
髪の汚れを優しく落とし、頭皮の肌サイクルを邪魔しないのが最適です。
なので、できればシャンプーした時間の2倍流してください。

 

最初に説明したように、シャンプーは基本、

洗浄をするものなので、髪の質感を良くするものではありません。

よくシャンプー剤の中にシリコン(被膜剤)が入っているものがありますが、シリコンはトリートメント剤に入れるものであって、頭皮につくシャンプーに入れるものではありません。
頭皮にシリコンがつくと、毛穴詰まりや、抜け毛の原因になってしまいます。

 

page top PAGE TOP

「栄養補給」と「キューティクルの保護」

「栄養補給」とは、
ドクタートリートメントで補給した栄養分と水分が逃げないように、その上から栄養分を重ね、より良い状態を維持することをいいます。

「キューティクルの保護」とは、
万が一キューティクルの隙間から栄養分が流れ出ないように、しっかり保護をしてあげることをいいます。

 

★お手入れ手順1

根元(頭皮)から3〜5p程のところから毛先まで、しっかり馴染ませてあげてください。
トリートメントは髪に栄養分を補給するものなので、頭皮につける必要はありません。

この時、粗い目のクシで優しく梳かして馴染ませてあげると質感がかなりよくなります!

★お手入れ手順2

時間をおいてあげてください。→浸透促進

できれば、7〜10分が理想です。
栄養分は、付けてすぐには浸透しません。
時間をおくことで、内部に浸透し、定着します。

★お手入れ手順3

流す時は、しっかり流さないで、少ししっとり感が残る程度でとどめておいてください。
しっかり流しすぎてしまうと、せっかく補給した栄養分も流れてしまう可能性があります。

タオルで拭く時も、ゴシゴシ拭いたりしないで、優しくマッサージするようにしたり、髪を抑えて拭いてあげると、キューティクルが傷つかなくて良いですよ♪

page top PAGE TOP

髪の乾かし方って、結構大切です。

髪の乾かし方を変えただけで、髪がパサつかなくなったり、広がりずらくなったり・・・
いろいろメリットがあります。

まず、ドライヤー選びから。
ドライヤーは出来れば風力があって、低温の温風が出る物がいいと思います。

ドライヤーによる乾かしすぎ(オーバードライ)を予防するためです。

顔周りの髪がパサつきやすかったり、すぐに褪色する方は、オーバードライが原因かもしれないので、気をつけてみてくださいね!

 

★乾かし方その1

まず、洗い流さないトリートメントを付けてください。
オイル、クリームなどありますが、お好みで選んでください。
乾かした後べたつきがなく、自然なしっとり感があるものがオススメです♪

★乾かし方その2

粗い目のクシで乾かした後のスタイルをイメージしながら優しく梳かしてください。
事前に髪を整えておくことで、乾かした後のまとまりが良くなります。

★乾かし方その3

なるべく下の方の、根元から乾かしてください。
特に襟足の根元は、乾かし残しになりやすいので、最初に乾かすと良いと思います。

表面から乾かしてしまうと、根元を乾かす時には、表面がオーバードライになってしまいます。

そして、仕上げの時は、基本的に上から下にドライヤーの風をあてると艶が増します!

★乾かし方その4

80%くらい乾いてきたら、手ぐしで髪を梳かしながら乾かしてください。

前髪はブラシで軽く撫でながら乾かすと、毛流が整って、分け癖などつきづらくなります♪

 

page top PAGE TOP
image
image image
image image   image image
AD:世田谷区上北沢3-33-13 京王線上北沢駅より徒歩0分
TEL:03-3306-5488(予約優先)  
(C) 2006 SiRoP. All rights reserved.